キイロスズメバチ


横画像は左クリックで大きくしてご覧下さい
サイト「都市のスズメバチ」さんを参考にさせて頂いてます


黄色と黒の縞模様のスズメバチ属は5種いますが、その中では小型

黒縞が細いため全体に黄色っぽく見えます

都市部でも多く、巣も大がかりで大群になり攻撃性・威嚇性も強いため注意が必要


キイロスズメバチ : スズメバチ科スズメバチ亜科スズメバチ属

  •  大きさ   女王バチ 25~28mm
  •        働きバチ 17~24mm
  •        オスバチ 28mm前後
  •  出現期   働きバチは6月より羽化し,活動の最盛期には1000頭を越えます.
  •        オスバチ,新女王バチは9月~11月に羽化します.
  •  腹端が黄色で、単眼の周りは黒色。小楯板は黄色。 
   良く似ているモンスズメバチは小楯板が茶色、腹部の模様が波形になるので判別できる





 横位置の絵しかないので見難いが

腹端黄色・単眼周り黒色・小楯板は黄色

2015年9月19日 埼玉県毛呂山町



腹部は黄色っぽい


水も飲みます
2015年10月3日 埼玉県北本市



2015年10月18日 埼玉県毛呂山町






[PR]
by puntamama3 | 2015-11-25 00:37 | 膜翅目 (ハチ・アリの仲間) 

いつの間にか虫大好き!     おばさんが見つけた虫の記録帳


by puntamama3