オオスズメバチ


横画像は左クリックで大きくしてご覧下さい
サイト「都市のスズメバチ」さんを参考にさせて頂いてます


日本で最大・最強のスズメバチ 凶暴で非常に毒性も強いです

オオスズメバチ : スズメバチ科

  •  大きさ   女王バチ 40~45mm 
  •        働きバチ 27~40mm
  •  出現期   働きバチは7月から羽化し,9月~10月にはひとつの巣で100~500頭程度に増えるそうです
  •  腹端が黄色で、単眼の周り黄色。小楯板も黄色。 

 良く似ているコガタスズメバチは全体的に小型で、小楯板が黒いこと、頭楯の形が異なることで識別



腹端黄色・楯板に黄色・単眼周り黄色
2013年9月23日埼玉県さいたま市



単眼(3個の小さつぶつぶ)周囲は黄色
頭楯板の下側は大顎接点で突起はふたつ
(コガタスズメバチは突起みっつ)

  
幼虫にはイモムシなどを狩ってタンパク質を与えますが
成虫の食べ物は樹液や花蜜などです


水も飲みます
2013年8月24日埼玉県さいたま市


気性はとても荒く共食い状態です
2013年9月21日 埼玉県嵐山町



スズメバチ全般に言える事ですが
巣を守る性質が強いため巣に近寄り過ぎると攻撃されます
まず、羽音を高くして人の周りを飛び始めますので離れること!!
そしてカチカチと大顎を鳴らして威嚇して来た時はスズメバチは本気です!!
そんな時はそっと身を低くして静かに遠ざかること。決して慌てないことです
また黒いモノを狙いますので腕などで覆って目を攻撃されないように!!
白い帽子も良いかと思います

また秋になると餌が減ってくるのに対して
多くの幼虫や新女王を養うためにタンパク源を求めて攻撃性が強くなりますので要注意です






[PR]
by puntamama3 | 2015-11-23 21:47 | 膜翅目 (ハチ・アリの仲間) 

いつの間にか虫大好き!     おばさんが見つけた虫の記録帳


by puntamama3