シマバエ科 Steganopsis属 (sp. 1)


横画像は左クリックで大きくしてご覧下さい

腰の辺りで強く曲がった姿は、黒くて小さなカスミカメだと思ったが・・・
この種を掲載している
殆どのサイトでも同じ感想のようです

シマバエ科 Steganopsis sp. 1
  •  大きさ  翅端まで ≒ 3mm
  •  出現期


割合普通に見られると思うが・・・

何しろ小さくてまともに撮れた事が無かった

漸く少しは特徴がつかめる画が撮れたので取り上げます


Steganopsis sp. 1 に付いて

 Steganopsis属には未記載種が2種確認されて埼玉県昆虫誌に掲載されているそうですが

  ”一寸のハエにも五分の大和魂・改” さんで、ハエ男 さんの解説に
 その内「胸部背板に縦線があるのがS.sp1」 とありますのでそれに拠らせて頂きます



2015年10月30日 埼玉県嵐山町

c0369491_23590203.jpg



更に色々なサイトを参考にさせて頂いた情報を拡大で確認して見ます

シマバエ科の特徴:「触角第2節背面に1本の剛毛があり、前脚腿節の下面に剛毛が生えている」
Steganopsis属の特徴:「触角第3節が非常に長い」

 触角第2節 ”背面” がどちら側のことか良く分らないのですが・・・
 不鮮明ながらそれらしき剛毛が見えますし
 その他の特徴は確認できると思います
c0369491_00112046.jpg

メナモミの蕾にいました
ネバネバを分泌する”腺” に対してもこの小ささが伝わりますでしょうか?
c0369491_00184273.jpg



[PR]
by puntamama3 | 2015-11-12 00:22 | 双翅目 (アブ・ハエ・カ 等の仲間)

いつの間にか虫大好き!     おばさんが見つけた虫の記録帳


by puntamama3