マルボシヒラタヤドリバエ (マルボシヒラタハナバエ)


横画像は左クリックで大きくしてご覧下さい

丸っこく明るい茶色の身体に黒い波形模様が目立つ (黒班が小さい個体もいるようです)

マルボシヒラタヤドリバエ: ヤドリバエ科 ヒラタヤドリバエ亜科
  •  大きさ  6~9mm
  •  出現期  4~10月
  •  翅の付根が黄色で脚は黒色 翅を開いて止まる
  •  成虫は花や果実を食しますが、メスはシラホシカメムシ類やチャバネアオカメムシ類等に卵を生み付けるそうです
  •  幼虫は果実の害虫であるこれらのカメムシに寄生して育つ為、天敵として果樹農家には益虫でもある訳ですね



2015年10月18日 埼玉県毛呂山町






  交尾の後と思われます
  オス(上)がメスを他のオスからガードしているのでしょうか?
2012年8月15日 長野県長野市







[PR]
by puntamama3 | 2015-11-08 02:52 | 双翅目 (アブ・ハエ・カ 等の仲間)

いつの間にか虫大好き!     おばさんが見つけた虫の記録帳


by puntamama3