フタモンアシナガバチ


横画像は左クリックで大きくしてご覧下さい
黒と黄色の小さなアシナガバチ
腹部の第2節にあるふたつの黄色い紋が目立つ

フタモンアシナガバチ: ズズメバチ科アシナガバチ亜科アシナガバチ属

  •  大きさ  14~18mm
  大人しいハチで巣に近づいただけでは攻撃されることはないが、巣を刺激すると向かってくる




脚、腿節の半分以上は黒いがその先はオレンジ色

複眼は黒い

  2015年9月12日 埼玉県嵐山町
c0369491_00311490.jpg
写真は不鮮明ですが触覚の先が丸く巻いているようなので
オスバチだろうか?
オスバチなら顔が黄色いそうです



フタモンアシナガバチ 2016年6月5日 埼玉県宮代町
c0369491_23584083.jpg

c0369491_23584762.jpg

[PR]
by puntamama3 | 2015-11-27 00:41 | 膜翅目 (ハチ・アリの仲間)  | Comments(0)

コアシナガバチ


横画像は左クリックで大きくしてご覧下さい
黒い身体に黄色の斑紋が目立つ小さいアシナガバチ
日本のアシナガバチの中では最も小型だが、攻撃性はやや強い

コアシナガバチ: スズメバチ科アシナガバチ亜科アシナガバチ属
  •  大きさ  11~17mm
  •  体色は黒色で赤褐色と黄色の斑紋がある
  •  出現期  営巣開始は5月頃。最初の働きバチは7月ころ出現し、8~9月にオスや新女王が出現する



腹部の横帯は黄色と黒で、第二節だけが赤褐色と黒

近似種のキボシアシナガバチとは腹部第3、4節に黄紋があることで区別

2013年6月30日栃木県真岡市

c0369491_22313579.jpg


小楯板は赤褐色に黄色の斑紋、その後部にも黄色斑

c0369491_22353278.jpg

胸部は黄色で縁取られていて肩は赤褐色
複眼も脚も赤い褐色
c0369491_22413527.jpg

獲物を柱まで運んできて食べている
c0369491_23061628.jpg
2016年7月31日 埼玉嵐山町



c0369491_23311774.jpg
2016年9月25日  埼玉県嵐山町




[PR]
by puntamama3 | 2015-11-26 22:39 | 膜翅目 (ハチ・アリの仲間)  | Comments(0)

ムモンホソアシナガバチ


横画像は左クリックで大きくしてご覧下さい
サイト「都市のスズメバチ」さんを参考にさせて頂いてます

 黄色に淡褐色の斑紋があり明るい色あい。身体が細い


 ムモンホソアシナガバチ: スズメバチ科アシナガバチ亜科ホソアシナガバチ属

  •  大きさ  ≒ 15-20 mm
  •  出現期  5月~10月
  •  林縁の低木などの葉裏に営巣。 最盛期には働きバチ数は100頭位に
  •  攻撃性はやや強いので草刈り時などに注意する


良く似たヒメホソアシナガバチが頭楯に黒い縦紋があるのに対して、本種にはない



頭楯に紋がないので、ムモンホソアシナガバチ

2014年8月30日 埼玉県さいたま市



ファイティング・ポーズで威嚇してきます emoticon-0141-whew.gif


全体に色が薄い印象


胸部脇、脚の付け根にある黒い模様も特徴のひとつ




[PR]
by puntamama3 | 2015-11-26 21:52 | 膜翅目 (ハチ・アリの仲間)  | Comments(0)

キアシナガバチ


横画像は左クリックで大きくしてご覧下さい
サイト「都市のスズメバチ」さんを参考にさせて頂いてます

大型で黄色い紋が鮮やかな感じの
アシナガバチ

キアシナガバチ : スズメバチ科アシナガバチ亜科アシナガバチ属

  •  大きさ 21~26mm
  •  出現期 4月中旬頃から人家の軒下や木の枝などに巣を作る
       活動最盛期は7月~8月、夏の間
       新女王バチやオスバチが10月~11月頃まで集団でいることがある
  •  都市部ではセグロスズメバチよりは少ない 


 アシナガバチはスズメバチと違って、基本的に巣を守ったり自分が危険と感じた時以外は攻撃することはないと感じています

 ただし洗濯物などに付いていることもあるので気を付けたい

 (我が家ではふかふかに乾いた洗濯物に子供だった長男が喜んで顔を埋めた為、この蜂に刺されたことがあります)


都市のスズメバチ」さんは次のように書いています

幼虫の餌として,街路樹や庭木につくアオムシやケムシなどを狩る益虫としての側面も忘れてはなりません.人家の近くに巣を作ることが多いため,しばしば刺傷被害が発生し嫌われますが,スズメバチに比べると性質が温和で攻撃性は強くありません.誤って巣に触れるような低い場所でなければほとんど危険はありませんので,なるべくそのままにしておきたいものです




写真は上手く写ってませんが
胸背面の後部(小楯板の後)が大きく、2本の黄色い斑紋あるのが同定ポイント2
(前部の2本は他のアシナガバチにもある)
2013年4月27日 埼玉県嵐山町

蛾の幼虫を捕獲して肉団子を作っている
この後巣に運び子供たちの餌にする


無理遣りの拡大画像で見苦しいですが・・・
斑紋は分かるでしょうか?


前脚が黄色く、中・後脚も節や附節(脚の先)は黄色
触角も先端1/3ほどは黄色
複眼は茶色で斑模様見えます


成虫はやはり蜜を食べます





[PR]
by puntamama3 | 2015-11-26 20:35 | 膜翅目 (ハチ・アリの仲間)  | Comments(0)